ブランリール大阪・スタッフブログ
大阪府大阪市のゲストハウスウエディング結婚式場

愛にあふれた笑顔と涙の結婚式

ブランリール大阪スタッフブログをご覧の皆様、こんにちは!

三連休の結びの日。10月9日。
雲ひとつない青空の元、温かいおふたりが
結婚式を迎えました。

新郎 たくやさん
新婦 あさのさん

いつも笑顔で楽しそうにお打合せをされてきたおふたり。
そんなおふたりの結婚式のテーマは、笑顔!!!!

自分たちもゲストも楽しめる式にしたい、と
このテーマを決めてくださりました!


おふたりの結婚式は、本当に笑顔と涙でいっぱいの式でした!
そんなおふたりの1日を紹介させていただきます。

おふたりの結婚式のスタートは、ファーストミートからでした。
「え、楽しそう。」という一言から決まったファーストミート。

打合せの時から、「絶対泣いてしまう」とおっしゃっていた、たくやさん。

あさのさんからのサプライズのお手紙をたくやさんが読み終わり、
入場されたあさのさんがたくやさんの肩をトントン。

振り向きあさのさんのドレス姿を見た瞬間たくやさんは満面の笑顔でした。
ですが、そこから涙がとまりません。

「必ず幸せにするから」と一言。
男同士、その一言からはたくやさんの強い決意が見えました。



おふたりのご対面が終われば、次はご両親とのご対面です。
おふたりが扉から入場されてからご家族の目には涙が。

「おめでとう。綺麗だよ。よろしく頼むよ」とご両親から。
おふたりへの祝福のお言葉がたくさんかけられました。


今日はいい1日になる。私はそう感じました。


おふたりがゲストの方へ永遠の愛を誓い合う、人前式。

たくやさんはお父様とご一緒に入場され、
お父様から結びの身支度として、ポケットチーフをいれていただきました。

行って来い。の意味を込めてお父様からたくやさんの背中へ激励の一発!
バンッ!と挙式会場に鳴り響き、力強くたくやさんは歩かれました。

あさのさんはお母様からのヴェールダウンがあり、お父様とご一緒に
涙をこぼしながら歩かれました。





挙式が終われば、ゲストの方へ楽しんでいただきたい、と
お菓子まきを!

青空の元、たくさんのお菓子がまかれとても賑やかなテラスでした。
ナイス演出でしたね!たくやさん、あさのさん!




ゲストの方が披露宴会場に行くと、皆様のテーブルにマカロンが。

これもおふたりと考えた、ゲストの方に楽しんでいただけるよう
用意したひとつです。


ゲストの皆様にはマカロンにおふたりへのメッセージを書いていただき、
皆様の手で、真っ白なウェディングケーキに載せていっていただきます。

皆様の手で出来上がっていくウェディングケーキ。
真っ白だったウェディングケーキもマカロンで色鮮やかに変身しました。

思い通りのウェディングケーキになりましたか。


ケーキ入刀の後は、お母様からのラストバイト。
小さい頃を思い出しながらのファーストの味は、
甘酸っぱかったですかね。



お友達が作成した生い立ち映像のあとは、たくやさんあさのさんは
和装でご入場です。

おふたりの思い出のデートが京都の花灯路。
そんな花灯路を再現したい、と
お色直し入場では、キャンドルリレーを。

ゲストの方にも参加していただけ、キャンドルに日が灯ると、
とても幻想的な世界が広がっていました。




おふたりの幸せを祈りキャンドルの火を吹きおさめたあとは、
おふたりからゲストの方へのおもてなし。

お茶漬けビュッフェです!!
お酒を飲みご飯もたくさん食べたゲストからは、大好評。
ゲストの方にも満足していただけました。


たくやさん あさのさん

本日は誠におめでとうございます。

打合せからいつも何か見つけてはボケて笑いをとろうとするたくやさん
それをはいはい、とあきれながら聞いているあさのさん

おふたりの打合せの様子を見ていて、本当に仲が良いのだと感じておりました。


おふたりが私の担当デビューだとお伝えさせていただき、「そんな感じがしていた」
と言いながら、「宜しくお願いね」と、こんな私にお手伝いをさせていただいたこと、
私は本当に幸せ者です。

おふたりと一緒にあーでもない、こーでもない、と結婚式のお話しをしていた
時間は、私にとってとても大切な時間になっています。

おふたりの結婚式が来ることは、とても嬉しい気持ちと同時に
おふたりとの時間がなくなってしまうことがとても寂しかったです。


ですが、おふたりの大切な1日をお手伝いできたこと、
私の宝物です。



おふたりらしい笑顔いっぱいの家庭にしていってください。
ぜひともまたお腹の御子様と一緒に会いに来てくださいね。


おふたりと過ごすお時間がとても楽しく、幸せでした。
本当にありがとうございました。



末永くお幸せに。


担当:シティボーイ(杉本陽)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です