ブランリール大阪・スタッフブログ
大阪府大阪市のゲストハウスウエディング結婚式場

特別な日だからこそのおもてなし


みなさんこんにちは!

いつもブランリール大阪のスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
本日のブログは厨房の佐藤がお送りします。


最近は賄の時によく出汁をいろいろなものからとるのにはまっていて、
なにか面白くておいしいものが出来ないか考えながら試行錯誤するのが楽しくなっています。


今回は出汁と、とある食材が輝く2em(ドゥジェーム)というブランリールの
温製のオードブルを紹介していきます。



そのとある食材というのは結婚式などでもよくつかわれる高級食材の一つで、
三大珍味の一つとして有名です!






この画像を見ただけでわかるのは料理をやっている人なんでしょうね。
そう答えはフォアグラです!


フランスではクリスマスやお祝い事のご馳走として使われるもので、
フレンチの料理には使われることが多いのではないかと思います。
そもそもフォアグラとは何なの?と思う人もいるかもしれませんが、
アヒルやガチョウといった鳥のレバーなのです。


一般的なレバーとの違いは牛や豚といった肉の違いだけではなく、鳥の育て方の違いが大きいのです。

このフォアグラという食材はアヒルたちを太らせてそれを食べているのです。
脂肪肝と言って鳥たちにたくさんご飯を食べさせた肝臓なのです。
なので油たっぷりでとてもおいしくジューシーなのがフォアグラの最大の特徴です!


そしてその甘い油とカツオと昆布の合わせ出汁をかけて食べるのが
秋の2emのフォアグラ茶漬けになっています。





ご年配の方にも食べやすいようにシェフが考えてくださり、フォアグラのこってりさも
和風のテイストのあっさりさと相まっておいしく食べてもらえると思います。


様々なゲストが来る結婚式だからこそ、みんながおいしいと言ってもらえるための
料理を作るため今日もがんばって仕込みをやっています!



  厨房  佐藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です